自分で障子を張替える方法とは【業者に頼むよりも費用が安い】

MENU

定期的にお手入れする

障子

機能性を重視

最近は和室のないお家も多くなりましたが、和室は大変便利なお部屋でもあります。押入れ等があれば、物をお部屋に置かずフラットな状態で使う事が出来ます。例えば、和室を寝室とすれば、押入れにお布団を収納する事が出来ますので、日中はお部屋を広く活用出来ます。障子の張替えは年に一回位が理想的です。最近は破れないタイプの障子紙も登場しています。インターネットで障子の張替えを行っている業者を探す事が出来ます。毎年年末になると大掃除をする家庭も多く、障子の張替え業者も混みます。年末年始を外して依頼すればスムーズです。インターネットから申し込む事が出来る業者も多く、いくつかの業者の費用を比較検討してみると大体の相場価格を把握する事が出来ます。自分で張替える事も出来ますが、意外とたるみなど目立ちますので、業者に依頼すると安心です。また多くの業者でリーズナブルな費用で受けつけていますので安心して依頼出来ます。依頼して仕上がるまでの日数は業者によって異なります。また使用している障子紙の種類も異なります。障子紙の種類によっては外気を遮断する効果のあるタイプのものがあります。エアコンの効果を上げてくれます。無地のものからお花など柄のあるデザインの障子紙も人気があります。お部屋がセンスアップします。張替え依頼をして作業完了するまでの日数を確認してから依頼します。お部屋によってはその間目隠しになるような工夫が必要な場合もあります。