自分で障子を張替える方法とは【業者に頼むよりも費用が安い】

MENU

障子

良い形で頼める業者

障子に問題が起こった時は張替えをすると対応できますけど、専門の会社を利用すれば少ない負担で問題を解決できます。会社に仕事を頼むときは複数の所から見積もりをもらっておけば、安い料金で頼みやすくなるので効果的です。

張替

和室の美を保つために

障子の張替えを行う場合には、専門業者へ頼むのがおすすめです。きちんとしたプロセスで綺麗に仕上げてくれるので、ヨレや汚れもなく張替えが出来ます。障子の美を保つために、何年かに一度は依頼するようにしましょう。

障子

定期的にお手入れする

障子の張替えはいくつかの業者の料金を比較検討してから依頼すると安心です。また依頼してから仕上がりまでの日数も確認します。年末年始や三月など新生活が始まる時期は業者が混んでいる事が多いです。可能であれば時期をずらして依頼するとスムースです。

男性

目的に応じて種類を選ぶ

障子の張替えを行う時には、目的に応じて選ぶことが大切です。パルプなど和紙は安価で入手でき、デザインも豊富にあるため雰囲気を変えたいという時にも使えます。そして、プラスチック製は強度が高く、張替える頻度を減らし手入れも楽になります。

障子

あっという間に綺麗になる

薄くて自分で張り替えるのは難しい障子、だからこそ専門業者に依頼したほうが手間も時間もかからずスムーズに終わります。張替え1枚あたりの費用はおよそ3000円前後で、紙の種類や特殊な形の障子の作業をする場合には追加費用がかかる事もあるでしょう。

自力で和室を綺麗にする

男性

手軽に和室の印象を買える

和室は心落ち着く空間ですが、年月の影響を最も受けやすい部屋でもあります。例えば、障子は経年で紙が黄ばんだり、張りが無くなってきたりします。また、障子の紙が破れたまま部屋は荒れた印象を与えます。そんな時は障子の張替えをしましょう。張替えは大変そうに見えて意外と簡単です。まず、今貼っている紙を取り除きます。障子の枠組みの部分までしっかり紙を剥がして下さい。そして、枠組みを外して障子のりを洗い流し、水分がなくなるまで陰干しします。この工程を抜かすと古いのりのせいで新しいのりがくっつかず上手く貼れない可能性があります。もし、洗うのが面倒な場合は濡れた布で丁寧にふくと良いです。次はいよいよ新しい障子紙を張ります。乾いた枠組みを床に置いてから新しい紙を貼りましょう。事前に、カッターとゴミ袋、物差し等を枠組みのそばに用意しておくと作業がスムーズです。最近はのりで張る伝統的な障子紙以外にもシールタイプの商品が多く販売されています。このタイプは貼るのが簡単で、剥がす時も跡が残りにくいのでお勧めです。障子紙は必要な分だけカッター切り取り枠組みに貼り付けます。柄がある紙を貼る前には枠組みと前後が逆になっていないか必ず確認しましょう。のりを使った張替えは紙を貼る直前にのりを枠組みに塗って下さい。障子紙は空気が入らない様に少しずつ曲がっていないか確認しながら貼るのがコツです。出来れば二人で行って下さい。紙がしっかり乾いたら障子を元に戻せば張替え終了です。